業務内容

トップ > 業務内容 > 相続放棄

相続放棄

相続放棄

相続放棄の手続きは3ヶ月以内に行いましょう!

相続ではプラスの財産だけではなく、マイナスの財産つまり借金も相続人は相続することになってしまいます。

プラスの財産よりもマイナスの財産が多い場合には、相続放棄の手続を取ることをおすすめします。

相続放棄の手続を取ることができる期間は、原則として相続が発生したことを知った時(亡くなったことを知った時)から3ヶ月以内です。
相続放棄の出来る期間は短いので、早めに相談、手続きを行うことが重要です。

相続放棄の手続は、原則として亡くなった方の最後の住所地を管轄する家庭裁判所で相続放棄の手続きを行います。

相続放棄において注意しなければならないのが、相続放棄できる期間相続の承認です。

相続放棄できる期間は、相続が発生したことを知った時から3ヶ月以内です。この期間内に相続放棄の手続きをしておかないと、自動的に相続したものとされてしまいます。

プラスの財産よりもマイナスの財産のほうが多いかどうかの調査が3ヶ月では終わらないようであれば、家庭裁判所に対して、3ヶ月の期間の延長を申し立てることができます。

また、第一順位の相続人が相続放棄した場合には第二順位の相続人が新たに相続人となります。
(例えば、子供が相続人でその子供が相続を放棄すると、亡くなった方の父母が新たに相続人になります。)

第二順位または第三順位の相続人が新たに相続人になった時には、自分が相続人となったことを知った時(前順位の相続人が相続放棄したことを知った時)から同じく3ヶ月以内に相続放棄をしなければ、相続したものとされてしまいますので注意が必要です。

相続の承認とは、例えば、亡くなった方の預金を下ろして使ってしまったりした場合には、その相続人は相続することを認めたものとして、相続放棄をできなくなってしまいます。

また、亡くなった方の借金を支払ってしまった場合にも相続放棄がすることができなくなってしまう可能性があります。

相続放棄をする可能性がある場合には、亡くなった方のプラスの財産もマイナスの財産にも手を付けないようにしましょう。

もし、金融機関等の債権者から支払いの請求があった場合には、相続放棄を検討している旨を伝えましょう。

相続登記に必要な書類

相続登記に必要な書類は、原則として以下のとおりです。

  1. 相続放棄申述書という相続放棄をする旨を記載した書面
  2. 自らが相続人であることを証明する公的書類(戸籍謄本等)
  3. 印紙800円

相続放棄の出来る期間は短く、ケースによっては複雑な手続きになる可能性があるため、専門家(弁護士、司法書士)に依頼することをおすすめします。

TEL 0544-29-7931
お問い合わせ 平日9:00〜18:00
時間外相談 土日祝日相談 当日相談
トップに戻る